Plain Life ふりだしにもどる

長い専業主婦時代を経てアラフィフで離婚 予定は未定の人生展開中

スコーンを焼いて穏やかな気持ちになりました

f:id:plainlife:20171127170439j:plain

スコーンを焼きました。

 

ここ最近、少し弱気になっています。 

明日、また派遣会社に行くことになったのですが、

なんとなくダメな気がしてしまうのです。

そんなこともあって気分を変えるためにスコーンを焼きました。

 

小麦粉、牛乳、卵、バターがあればできる、

簡単で気軽に作れる簡単な焼き菓子です。

時間もお金もかからず味も大好きです。

 

レーズンがあったので

レーズンとシナモンを追加して作りました。

 

スコーンを焼いて紅茶を入れて食べていたら

少し穏やかな気持ちになりました。 

 

私は藤野真紀子さんのこの本に乗っているスコーンのレシピを

ずっと使っています。

 

  

マーブルケーキ・フルーツケーキ・ショートケーキ・ガトーショコラ・

バナナブレッド・ハニーローフ・ブラウニ・マフィン・クッキーなど

娘が小さかった頃、

いろいろなお菓子を作りました。

ページをめくるといろいろなシーンが蘇ります。

 

そしてついでに、

学校から帰ると母がクッキーを焼いてくれていて

部屋中が良い匂いに包まれていて

幸せな気持ちになっていた子供の頃も。

 

応援していただけたらとても嬉しいです。



最後までお読みいただきありがとうございました。