Plain Life ふりだしにもどる

長い専業主婦時代を経てアラフィフで離婚 予定は未定の人生展開中

引越経験豊富な私が段ボールに荷物を詰めた後にしていることを紹介します

父も元夫も転勤族だったし、

一人暮らしをしているときも何度か部屋を移っているので

引越の経験は多いほうだと思います。

 

何度 経験しても引越の準備は大変です。

特に家族単位での引越は荷物が多くてより一層です。

 

何度も引越を経験した私が

荷物を段ボールに詰めた後にしていることを紹介します。

(役に立つかどうかちょっと不安ですが・・・)

 

中身を詰めた段ボールに、

運ぶ部屋・中身の内容・所有者をマジックで書きます。

 

例えば引越し先が3LDKで

和室・洋室・子供部屋 + LDK、

家族構成が A B C(子供)と仮定します。

 

子供部屋に置くCの本だったら

 本(C)

洋室に置くAの本だったら

 本(A)

洋室に置くBの本は

 本(B)

和室に置くタンスに入れるBの服は

 服(B)

って感じです。

 

LDKは1つの部屋ですが

キッチン周りの物には K

ダイニング周りの物には D

リビング周りの物には L

そして中に入っている品物を書きます。

 

K 調理器具など

D チェスト中身

L テレビ周り小物

って感じです。

 

荷物を受け取るとき次々に運び込まれる段ボールをパッとみて

業者の方に迷うことなく

どの部屋に運んでもらうよう伝えることができるので

作業がスムーズに進みます。

 

そしてもうひとつは、

一番最初に受け取りたい段ボールに印をつけてます。

(私は No1 と印をつけます。)

 

その中には

スリッパ・やかん・果物ナイフ・やかん・小さな鍋・箸・

紙コップ・紙皿・サランラップ・ビニル袋・トイレットペーパー・

ハンドソープ・タオル・ティッシュ・はさみ・

雑巾代わりのドライシート・ウェットティッシュ・ホッカイロ・

コーヒーセットや紅茶のティーバック・

お菓子やインスタント食品等々。

当日、ガスが開かないこともあるのでカセットコンロも。

 

3月の引越は業者も忙しくて

荷物を受け取る時間が午後からになったりすると

荷受けが終了したときは、

既に外は暗くてちょっと肌寒いうえ、

疲れ切った埃だらけの状態で

外に食事に出る元気が残っていないときなどが多々あります。

当日、車が届かないこともあるし。

 

そんな時、

お湯を沸かして暖かいインスタント食品を食べたり、

暖かいコーヒーを淹れて飲むだけでも

ホッとして幸せな気分になれます。

  

春の引越はまだまだ寒さが残る時期なので

スリッパは重宝します。

足の裏の汚れ予防にもなります。

何か踏んでも危なくないですし。

 

エアコンは引越しした当日に取り付けてもらえないこともあるので、

寒いのが苦手な方は小さな電気ストーブなども

すぐ取り出せるようにしておくのもいいと思います。

 

No1 と書いた段ボールは他のものに紛れないように荷物を出す際、

「これを最初に受け取りたい」と業者の方に伝えておきます。

すると最後にトラックに乗せてくれて最初に受け取れるようにしてくれます。

 

それにしても何度引越しても

前回ああすればよかったって思ったのに忘れてた~

ってことばかりです。

 

そういえば!

って思い出したことがあれば

Twitterでつぶやきますね。

 

荷造りは9割ぐらいまでは順調に進みますが

残り1割ぐらいがとても大変です。

いつも読みが甘くて引越前日は徹夜状態になってしまっていました。

 

引越をされる方、

身体に気を付けて頑張ってください!!

 

            まだめ よしこ

 

 

応援していただけたらとても嬉しいです。              



最後までお読みいただきありがとうございました。