Plain Life ふりだしにもどる

長い専業主婦時代を経てアラフィフで離婚 予定は未定の人生展開中

アラフィフ 恥を忍んで主婦から派遣社員を目指す

結婚している間、

仕事をしたのは短期の仕事をかき集めて1年足らず、

長い間専業主婦をしてきた私が

50歳目前に離婚をすることになり、

必要に迫られて仕事を探すことになりました。

 

この年齢でたいした学歴もキャリアもないので、

パートを探すつもりでいたのですが、

どう考えても生活が成り立たないので

恥を忍んで派遣社員を目指すことにしました。

 

タッチタイピングはできたので

ExcelとWordの初級の本を買ってきて

一通り目を通して派遣会社へ登録に行きました。

 

私が仕事をしていた独身の頃は

まだまだアナログな世の中だったので、

いまどきの会社に伺うことも、、

そこでPCを使ってタイピングやExcelとWordの

スキルチェックなんてものを受けることも

冷や汗が出るような体験でした。

 

数社で登録をしたのですが、

その日に仕事を紹介してくれたところはありませんでしたし、

その後も連絡無し。

 

そこで今度は求人サイトを見て

派遣会社に応募しましたが、

どこからも面接にすら呼ばれることすら無い残念な状況が続きました。

 

経験に乏しく年齢は高いのですから

当たり前といえば当たり前なのですが・・・・・

 

社員が派遣に仕事を頼むとき、

派遣があまりにも年上だったら頼みにくそうだし・・・

 

そこで、今度は20代から40代を探しているような職場は避けて

30代から40代を探している仕事に絞りました。

 

そしてネットで直接応募する前に電話をかけて

自分の年齢(50歳目前)を伝えて可能性はあるか問い合わせることにしました。

そこで少し会話をするときに、

思い切り感じの良さを前面に出して名前を覚えてもらった上で、

履歴書を送信すると、

その仕事はだめでしたが、

仕事を紹介してくれるようになり、ほどなく派遣先が決まりました。

 

 

仕事がなかなか決まらない私に娘が

そんなに無理して派遣社員にならなくても

近所でパートだったら通勤時間が短い分、

得だよって優しい言葉をかけてくれました。

 

が、

諦めなくて良かったと2年近くが経過した今も

しみじみ思っています。

 

そして、もう少し若かったら社員になりたかったです。

 <

 

  応援していただけたらとても嬉しいです。 

             

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

/p>