Plain Life ふりだしにもどる

長い専業主婦時代を経てアラフィフで離婚 予定は未定の人生展開中

へぇー そんな時代があったんだ!!

f:id:plainlife:20180725174519j:plain

1月ごろ、1ヵ月 軽作業の仕事をしていた時のことです。

休憩時間、休憩室でお茶を飲んでいたら、

すぐ近くに25歳前後と思われる男性社員2人が座っていて、

次はドイツに行きたいとか何とか旅行の話をしていました。

すると、

 「まだめさんはどこか行きたいところありますか?」

って話を振ってくれました。

 

「うーん。ヨーロッパだったら行ってみたいところだらけです。

 ついでにモロッコとか寄ったり。

 あと最近、アジアに興味があってタイとかミャンマーに行ってみたいです。」

 

って答えると、

 

「アジアだったらシンガポールとか行ってみたいな。」

 

って言ったので

 

「25年以上前になるけど行ったことありますよ。

 まだマリーナ ベイ とかなくて

 物価も日本のほうがだんぜん高かったんですよ。」

 

と答えると

 

「へぇー そんな時代があったんだ!!」

 

と驚いていることに私はびっくり。

 

日本がバブルで沸いていた25年以上前、

マレーシアへ行った帰りに寄ったシンガポールは、

マーライオンがあるくらいで

特別、印象に残る都市ではありませんでした。

伊勢丹があったのが印象に残っています。

 

シンガポールといえば、

当時の私の憧れは、

ラッフルズホテルでお茶することでしたが、

バブルで沸く日本から来たにもかかわらず、

懐が寂しかったので実現できず、

安い屋台で食事しました・・・

 

www.raffles.jp

 

2年半前、アンコールワットへ行ったとき、

シェムリアップにもラッフルズホテルがありました。

白く美しく輝いていました。

 

それにしても現在のシンガポールときたら、

眩しいばかりの発展を遂げています。

昔で言うところの10年ひと昔とは

現在では、

5年もしくは3年ひと昔に値するくらい変化が速い世の中になりました。

20数年あれば国だってこんなに変化するものなんですね。

 

少子高齢化がどんどん進むこれからの日本のことを考えると

ちょっと心が痛みます。

 

写真は新宿のパークハイアットアフタヌーンティーです。

 

まだめ よしこ

 

応援していただけたらとても嬉しいです。              



 

最後までお読みいただきありがとうございました。