Plain Life ふりだしにもどる

長い専業主婦時代を経てアラフィフで離婚 予定は未定の人生展開中

高齢者が働く社会を実感

 

更新しないことにした現在の職場ですが、

働いてよかったことがあります。

 

60代で社員ではなくフルタイムで仕事をしている女性と知り合えたことです。

若いころ、社員として働いていた会社や、

離婚後、派遣社員として働いた会社では、

少数ですが定年まで働くという社員の女性はいましたが、

60代のフルタイムで働く派遣もしくはパートの女性はいませんでした。

 

私が初めてフルタイムで働く派遣もしくはパートの女性に触れたのは

コールセンターが初めてだったと思います。

 

この度、事務作業をした職場では、

はじめは一人でお弁当を食べていたのですが

声をかけていただき他の人と一緒に食べ始めたのがきっかけで

60代の直雇用の人と知り合うことができました。

 

会話したのは部が違う3人の方です。

1人は結婚している方で2人は独身女性でした。

それなりに不満はあるようですが、

年金を受給するまで、

よほどのことがない限り

ここで頑張る予定だそうです。

 

私もこんな感じでどこかしらで

65歳まで働くことになるんだな。

というひとつのイメージが持てたことがとてもよかったです。

 

この年齢になるとほぼ一般事務の仕事には就けないけれど、

事務作業的な仕事なら時給は安いけれど

なくはないことがわかりました。

 

高齢でもつける仕事として

清掃、介護をフルタイムでするというのは体力的に無理だし

コールセンターは精神的に無理と感じている私としては、

探せばあると思われる事務作業の仕事なら

何とかこなせるかもしれないと思えるからです。

(ただし残業が少ないところ)

 

そういえば、私が以前勤務していたコールセンターを辞めるころ、

新人さんの中に60代と思われれる男性が2人いました。

研修が終わり うち1人が実際に電話を取り始めたころ、

 

なるべくゆっくりお願いします。

 

とお客様に伝えているのが印象に残っています。

 

高齢化社会になっただけではなく

高齢者が働く社会が到来していることをしみじみ感じます。

 

以前、私が配属された部で仕事をしたことがある

60代の女性に更新しないことを告げると、

60歳までは何とかなるから大丈夫よ。

と優しい言葉をかけてもらいました。

 

   

 

 週末、PCで求人を検索する予定です。

 

  応援していただけたらとても嬉しいです。             

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 

最後までお読みいただきありがとうございました。