Plain Life ふりだしにもどる

長い専業主婦時代を経てアラフィフで離婚 予定は未定の人生展開中

眠れない夜にターシャの本

ターシャの本

 

昨夜はなかなか眠れない夜でした。

明日から新しい職場で働くので

無意識に緊張しているのかもしれません。

 

眠れなくても大丈夫。

眠れなくても目を閉じて心穏やかに寝転がっていれば、

疲れは取れる。

 

若いころは眠れない夜は

こんな風に思ってやり過ごしていましたが、

年を取るとそんな思い込みだけでは、

身体は騙せなくなってきます。

 

昨夜は眠ることは諦めて、

久しぶりにターシャの本を開くことにしました。

 

この本はきれいな写真がたくさん載っていて、

大きな字でターシャの言葉が綴られています。

 

夜はすっかり目がショボショボしている私でも、

目を細めることなく読める癒しの本です。

 

ターシャのような自然に囲まれた美しい暮らしは憧れですが、

便利な暮らしに慣れ切った怠け者の私には

無理なことはわかっています。

 

でも現実の私の生活にターシャのような暮らしを

点で取り入れることはできるので、

どれくらい取り入れることが可能で理想!?

などと考えていたら

いつの間にか眠っていました。

 

ずいぶん前になりますが、

この本をシリーズで母に贈ったら

とても喜んでくれました。

私と同様、目に負担なく読めるのも気に入ってくれて、

寝る前に思い付きで開いたページを読んで、

いい気分になって寝てると言ってくれています。

 

母も私もターシャが大好きで、

今でもターシャの話題になると盛り上がります。

 

今、改めて気が付きました。

母がこの本のターシャの年齢に近づいていることを・・・

 

思うとおりに歩めばいいのよ (ターシャ・テューダーの言葉)

楽しみは創り出せるものよ (ターシャ・テューダーの言葉 (2))

今がいちばんいい時よ (ターシャ・テューダーの言葉 (3))

ターシャ・テューダーの言葉 特別編生きていることを楽しんで

  

「小径の向こうの家」は子育て中に何度も繰り返し読みました。

www.plainlife50.com

 

昨日はちょっと睡眠不足なので、

今日はぐっすり眠れるはず。

 

明日からの新しい仕事とお弁当作り頑張ります!

 

   

 

  応援していただけたらとても嬉しいです。             

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 

最後までお読みいただきありがとうございました。