Plain Life ふりだしにもどる

長い専業主婦時代を経てアラフィフで離婚 予定は未定の人生展開中

声をかけなくてよかった・・・

f:id:plainlife:20191029203524j:plain

 

すっかり秋が深く嬉しい限りです。

 

この季節になると思い出す出来事があります。

それは今から4年前の10月終わりのことです。

 

仕事が終わって帰りに道、

ちょうど新宿の小田急デパートの前を歩いていた時です。

 

短いスカートに膝上まである白いハイソックスを履いている

20代前後の女の子を見てぎょっとしました。

 

足にすごい怪我をしていたのです。

単に転んだとは思えないほどの怪我です。

ハイソックスがところどころ破けていて、

血が滲んでいるではありませんか。

 

その女の子は何事のなかったかのように

歩いているのが痛々しくて・・・

 

大丈夫ですか?

と声をかけたくなるほどでしたが、

そんな勇気もなく素通りしました。

 

それから電車に乗ってスマホをいじっているときに、

やっと理解した鈍い私。

心がパッと軽くなりました。

その日はハロウィン当日ということに気が付いたのでした。

 

大丈夫ですか?

なんて声をかけなくてよかったと心から思いました。

 

私が20歳のころ、

縫い目をわざと外に出した洋服が流行っていた頃、

友達が通りかかったおば様に

 

裏表ですよ。

っと小さな声で囁かれたことがありました。

 

ありがとうございます。

と友達は答えていましたが・・・

 

月日は流れ私もしっかりおばさんになっていたのでした。

 

   

 

  応援していただけたらとても嬉しいです。             

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 

最後までお読みいただきありがとうございました。