Plain Life ふりだしにもどる

長い専業主婦時代を経てアラフィフで離婚 予定は未定の人生展開中

とっさの言葉に性格が表れる

湯たんぽ

 

職場でよくアラサーの男性と隣の席になります。

そんなこともあって

休憩室でもよく言葉を交わしています。

 

前々からハキハキとしゃべるけれど、

結構繊細な面を持ち合わせた

性格の良い人だと思っていました。

 

その日も隣の席で仕事をしていたところ、

何かと抜けている私、

その男性側の机の上に置いていた水筒に、

肘をひっかけてしまって、

水筒がひっくり返り、

シーンと静まり返っている職場の床に

カランカラント金属音を響かせながら落ちてしまいました。

 

我ながら驚くと同時に、

水がこぼれてしまうのではないかとドキッとしました。

蓋をしていたので大丈夫でしたが・・・

 

大丈夫ですか?

水がこぼれなくてよかったですね。

 

とその男性は言いました。

 

やらかしてしまって、

情けないやら恥ずかしいやらの私を

ホッとさせてくれる優しい言葉でした。

やはり性格がいい人だと思いました。

 

もし私が反対の立場だったら、

そんな思いやりある第一声ではなかった気がするのです。

 

わぁ!びっくりした!!

 

こんな感じだったに違いありません。

大丈夫ですか?は第2声かな・・・

 

とっさの一言には性格が出ますね。

私も思いやりある言葉を発したいものですが、

とっさの言葉ばかりは気をつけようがないのが残念です。

 

   

 

先週から湯たんぽを使い始めました。

少し面倒ですが熱い湯を入れるタイプのものです。

毎晩、乾燥しない優しい温かさに癒されています。

 

  応援していただけたらとても嬉しいです。             

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 

最後までお読みいただきありがとうございました。